TOP> 不動産鑑定のご案内

不動産鑑定のご案内

不動産の鑑定評価は不動産の売買のみならず、交換、時価会計・減損会計、資産の管理、 担保評価など、様々な場合にご利用いただけます。

▼商品のご案内 ▼当社の特色

 

不動産を売買・交換するとき
不動産の売買においては、高く売りたい売主と安く買いたい買主との間では利害が反する事が多く、交渉に支障をきたすケースが見受けられます。そこで不動産の鑑定評価により、客観的な第三者による適正な価格や賃料の資料を求めることにより、交渉の材料としていただくことができます。また資産のリストラ等における売却価格の妥当性の証明等にもご利用いただけます。
税務上取引価格の妥当性を証明したい
不動産は、関連会社間、同族会社間、親族間等の特殊関係者間において売買を行う場合、税務上の手続きとして売買価格の妥当性を立証する必要が生じる場合があり、鑑定評価書を証明資料としてご利用いただけます。
時価会計・減損会計に対応
これまで企業会計においては取得原価主義会計が採用されてきましたが、昨今の土地の下落により含み損が嵩み、企業の実質的な財務状況の公表に対する社会的要請が高まってまいりました。これを受けて、販売用不動産に対する強制評価減の徹底や、固定資産に対する減損会計の適用など、会計制度の見直しが図られてきており、これに対応する適正価格の算定資料としてご利用いただけます。
相続財産の適正な価格が知りたい
財産の相続においては土地建物等の不動産の分配が問題となるケースが多く見受けられます。この場合、第三者により適正な価格を求め、公平な分配に役立てることができます。また相続税計算の基準となる不動産価格を申告する場合にもご利用いただけます。
不動産を担保として融資をしたい又は受けたい
不動産価格の下落により不動産の担保としての有用性が問われている時代でありますが、未だその占める位置は高く、不動産の経済価値を適正に求めることが、貸し手、借り手双方にとって重要となります。路線価、公示価格等は不動産の価格を査定する上で有力な指標とはなるものですが、市況の変化により、必ずしもこれらが適正な価値を示すとは限らず、また不動産それぞれの個性によっても不動産の価値は大きく異なるものです。不動産の鑑定評価は不動産の市場性に着目し、その価格を査定することから、担保としての安全性を高めることに役立ちます。
工場財団・鉱業財団としての評価をしたい
製造業等の企業においては、工場の土地建物の外、機械や設備等の資産が大きなウエイトを占める場合があります。また更に採掘権等を加えた鉱業財団など、これらを財団として組成して評価することにより、担保価値を高めることができます。

当社では鑑定評価書の他、不動産価格調査書を発行し、お客様のニーズにお答えいたします。

 

鑑定評価書
不動産鑑定評価基準に則り、費用性、市場性、収益性等に着目した手法を適用、その過程を詳細に示したものであり、精度、説得力が特に高いものになります。 但し書類作成の為少々お時間を頂く場合がございます。
不動産価格調査書
基本的には評価書と同じ方法により不動産の価格を求めるものですが、その過程の詳細な説明等を一部省くことにより、よりスピーディに書類を作成し、お届けする事ができます。また評価書に比べ書類作成の手間が省けるため、よりお安く提供することができます。但し、場合によっては調査書で対応できない場合もございます。
東京、埼玉に強いネットワーク
当社は本社を東京に置き、埼玉県内に支店を多く持つ等、特に首都圏における不動産市場における動向を適確に把握することが可能であり、より精度の高い、説得力のある価格を提供いたしております。
幅広い案件をカバー
当社は更地、自用物件、収益物件、農地、山林まで様々な種別・類型の評価を行なっており、一般鑑定を始めとしてデューデリジェンス・公的評価等幅広い業務を行っております。尚、関東圏を主として、全国的にも評価実績があり、北は北海道から南は沖縄まで全国をカバーしております。
不動産価格調査書
当社は金融機関を始め、企業各社様、個人様よりご依頼を受けて評価を行い、高い信頼を得ております。
 
 

お問合せ

開発営業部 CREソリューショングループ TEL:03-3244-0969 FAX:03-3244-0620